TOP >整形外科TOP >巻き爪
巻き爪(陥入爪)ワイヤー治療
当院ではワイヤーを使った巻き爪の矯正治療も行なっております。
巻き爪とは爪の端が曲がり皮膚に食い込むように変形してしまった爪です。
爪が伸びると皮膚に食い込み突き刺さるようになると痛みだけではなく、バイキンが入り込み赤くはれ痛みが増します。
従来の治療では軽症なら爪の先の部分のみ切り、また伸びたら切るを繰り返すか、度々重症化する時は局所麻酔をかけ変形している爪を部分的に短冊状に根元から切る手術法がよく行われてきました。
しかしワイヤーを用いた爪矯正による治療は、全く痛みをともないません。
爪に穴を2ヶ所あけ特殊な弾性ワイヤーを通し経過を待ちます。ちょうど歯の矯正治療と同じ原理で爪のはえぎわを開き食い込む部分をまっすぐに矯正します。6〜12ヶ月程度、経過をみて調整します。
長所
痛みをともなわないで処置ができる。
短所
数ヶ月の時間がかかる。
実費として、ワイヤー代 1本4200円(何回かに分けて使えます)
約1ヶ月に1度ワイヤー交換処置をおこないます。(ワイヤーによる巻き爪矯正治療)
どうぞお気軽にご相談ください。
  TOPへ
 
  内科へ
 
  整形外科へ
  一般整形外科
スポーツ障害・外傷
湿潤療法
巻爪治療
神経ブロック療法
関節リウマチ
骨粗鬆症
骨折治療
 
  院内のご案内
 
その他のご案内
  スタッフ募集
  パートナー
   
 
Copyright UMEZAWA Clinic. All rights reserved.  医療法人 梅澤会 梅澤医院
〒111-0031 東京都台東区千束2-20-2 Tel 03-3872-8230,Fax 03-3872-8270